EVENT/STAGE

2020.07.08~2020.07.12

舞台「剣が君-残桜の舞-」主演決定!


和風伝奇アドベンチャーゲームとして大ヒットした「剣が君」が舞台化!
そして、主人公・香夜を田中れいなが演じることが決定!

舞台「剣が君-残桜の舞-」
 
【日程】2020年7月8日(水)〜12日(日) 全9ステージ  
【劇場】シアター1010
【脚本・演出】浅井さやか

【キャスト】
香夜:田中れいな
九十九丸:矢部昌暉(DISH//)
螢:反橋宗一郎
黒羽実彰:秋沢健太朗
縁:谷佳樹
鷺原左京:山本一慶
鈴懸:杉江大志
 
松平辰影:鷲尾修斗
柳生三厳:堀田怜央
服部半蔵:上西恵
 
徳川家光:徳山秀典
 
斬鉄:土井一海
シグラギ:KOHEY(BUZZ-ER.)

ハバキ憑き:佐武宇綺
マダラ:矢倉楓子
ハチモク:設楽銀河
 
鼓法眼:鈴木祐大
七重:雛形羽衣
朝倉宣正:川名浩介

【ストーリー】
一六三三年
妖怪を滅する力を持つ伝説の刀、「天下五剣」を授かる「剣取り」こそが武士道(真の侍)と賞賛される時代。
各地では、「剣取り御前試合」が開催され、強者が次々と名乗りを挙げていった。
御前試合で一番刀になった侍には、官や称号、望むがままの褒美が与えられ、そして、「天下五剣」である「鬼丸国綱、童子切、大典太、三日月宗近、数珠丸」を授けられるのであった。

時は早春。
今年も江戸城で剣取り御前試合が開催される季節となり、全国から名声や富を求める若者達が江戸に集まっていた。

そんなある日、江戸に暮らす料理茶屋の娘・香夜は、瓜二つだという久姫の代わりに偽の姫として花嫁行列を演じることとなる。
駿府城を目指す東海道の旅。護衛となった六人の侍達との数奇な運命が幕を開けた。

身命と等しき、この剣 君が為に振るう。
 
【チケット】
料金:9,000円
千秋楽公演:10,000円(税込・全席指定)
 
■amipro全通チケットご予約 (9ステージ通しチケット購入希望の方のみ対応)
メール受付:info@39amipro.com
件名に、「剣が君」全通チケット、本文に、お名前、ご住所、応援キャスト、お支払い方法(カード決済・お振込み)をお願いいたします。
※1日経っても返信のない場合には、メールブロックの可能性があります。携帯メール以外のアドレスなどもいただけますようお願いいたします。
※他のプレイガイドと同様に購入手数料が発生いたします。
 
■CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/amitike/
TEL 0570-08-9999
 
■Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/kengakimi/
TEL 0120-240-540
 
★リピーター特典★
複数観劇のお客様に感謝をこめて
3回特典:選択応援者の未販売ブロマイド(L版)
6回特典:キャスト全員集合ブロマイド(2L版)
9回特典:選択応援者のA4ブロマイド(宛名入り直筆サイン入り)
※山本一慶さんの9回特典のご用意はございません。

【公演HP】http://www.39amipro.com/kengakimi/
【監修】Rejet
【企画・製作】amipro
<クリックで拡大>
TOP